マンションの欠陥事例

マンションを買う前に

欠陥マンションを避けるために

マンションの欠陥事例に多いものとして、建物の強度不足などの手抜き工事によるものがあります。申請が必要な設計図をごまかすことはできなくても、ずさんな工事を行っていて図面通りに建てられていなければ欠陥住宅となってしまいます。柱の数が少ないとか、断熱材が入っていない場合など、建物が建ってからだと気づくことはできないでしょう。そんな事例とならないようなマンションを建ててくれる業者を選ぶには、工事の管理体制がしっかりしている業者を選ぶことでしょう。きちんと図面通りの施工をするように、現場の工事を監督している業者を選ぶことが大切です。

欠陥を見つけた時の対処法

投資用などでマンションを購入した後に、重大な欠陥が見つかってしまった時、一体どうしたらいいのかパニックになってしまう方も少なくありません。しかし、そのような時、まずしなければいけないのが保険の確認です。2009年10月に施行された住宅瑕疵担保履行法によって、住宅を販売する会社には住宅瑕疵担保責任保険への加入が義務づけられており、販売物件には10年間の保証がついています。よって、もしも、購入したマンションに重大な欠陥があった場合でも、この保証の対象内であれば保険金を受け取ることができ、対処することができるのです。ただし、中古物件の場合、この保証が受けられない場合がありますので、リスクを軽減するためにも事前に契約内容の確認を忘れないようにしましょう。

↑PAGE TOP