マンションの欠陥補償

良いマンションを選ぶには

欠陥マンションで補償してもらう

マイホームは多くの人にとって一生一度で人生最大の買い物です。高額な買い物だけに設備の場所によって最長10年などの保証がついていますが、欠陥の有無について把握することがスタートです。引き渡し後の利用によって生じた故障か、それ以前からある欠陥かを知るためには、マンションの場合、同じ設備を使っている住戸が複数あることがポイントです。マンションで、設備の不具合や不備について適切な補償を受けるためには、個別の住戸で対応するよりも、管理組合で情報共有すると効果的です。気になることがあったら、管理会社や販売会社に確認するのと合わせて、管理組合や住人同士の横のつながりが大切です。

欠陥がないか必ずチェックする

マンションは、欠陥がないかを良くチェックして購入すれば、比較的長く住むことができます。もちろん、この有無は素人が容易に判断することができません。ただ、最近はよく社会問題となっており、問題のある物件を建てている業者が公表されていることが多いです。安心して住みたいのであれば、公表されたことがなく人の評判の高いところが建てたマンションを選ぶと良いでしょう。注意が必要なのが、大手のデベロッパーが販売しているからといって、欠陥がないわけではないということです。建設しているのは下請けだからです。そのため、その点も加味して検討しましょう。

↑PAGE TOP